腰痛の改善と予防〜ウォーキング編〜【明石市の慢性腰痛専門】

こんにちは☆

 

 

 

明石市大久保の整体スペースひまわり、院長の畑山です。

 

 

 

あなたは日頃から正しい歩き方が出来てますか?

 

 

 

ご自分の歩き方が正しいか正しくないかなんて分からない方が多いですよね。

 

 

 

先日の記事の中でも触れましたが「歩く」という行為は人間が健康な身体を維持していくうえで最も大切な運動であるといえます。

 

 

 

しかし現代の世の中では車や電車などに頼りっぱなしでほとんど歩く機会がないという運動不足の方であふれかえっています。

 

 

 

そして歩き方一つとっても「正しい歩き方で歩けていない」方が本当にたくさん存在しています。

 

 

 

そうなんです。毎日しっかり歩いていようが間違った歩き方では健康になるどころか不健康に向かってしまうことだってあります。

 

 

 

これでは腰痛や肩こりまたはその他の重い病気にもかかるリスクもグッと上がるといっても過言ではございません。

 

 

 

そこで本日は「正しいフォームで歩いて健康な身体を維持···もしくは取り戻しましょう」ということでお話をさせていただきます。

 

 

 

ではさっそく正しい歩き方について少しお伝えさせていただきます。

 

 

 

正しい歩き方とは···

 

 

 

①顔を上げてアゴを引いた状態で目線はまっすぐ遠くを見る。

 

 

 

②胸を張りこぶしが首から顔の高さくらいまで来るように腕をしっかり振る。(腕を大きく振ることで背中の肩甲骨がしっかり動くイメージで行う)

 

 

 

③丹田に力を入れる(たんでんとはおへその位置から指を4本分下あたり)

 

 

 

④地面を蹴るさい股関節·膝関節をしっかり伸ばすように意識する。

 

 

 

⑤身体の後方に体重の半分を乗せるつもりで大きく歩く。

 

 

 

これらの5つを意識して歩くのと猫背で下を向いて歩くのでは動かす筋肉も全く違ってきます。

 

 

 

肩甲骨を意識してしっかり腕を振ることで肩周りの血行がよくなり肩こりの軽減にもつながります。

 

 

 

そして先日の記事でもお伝えいたしました全身の関節の中でもかなり重要な関節の一つである「股関節」もしっかり動かすことができます。

 

 

 

股関節をしっかり動かすことで股関節の痛みの解消あるいは腰や膝の痛みだって軽減できるかもしれません。

 

(※痛みが強い場合は無理に歩くことはオススメいたしません)

 

 

 

同じ距離·時間をウォーキングしてもあなたが正しい歩き方が出来ているかどうかで全く効果も違ってきます。

 

 

 

正しくしっかり歩いて股関節·膝関節を動かすことで全身の筋肉や骨格を使うことができます。

 

 

 

要するに歩くという行為は足しかつかってないようで実は「全身運動」なのです。

 

 

 

もちろん正しくしっかり歩いてこそその効果は発揮されます。

 

 

 

ランニングや筋力トレーニングは身体への負担も大きく辛く感じる人でもウォーキングなら無理なく始められます。

 

 

 

まずはわずか5〜10分からでもかまいませんので「正しい歩き方」をマスターし日々の習慣として続けてみてください。

 

 

 

当院のホームページはこちらをクリック↓↓↓

http://himawari-akasi.com/

 

 

 

最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました。

 

 

 

整体スペースひまわり 完全予約制 JR大久保駅徒歩1分

 

 

 

ブログカテゴリー
月別アーカイブ