坐骨神経痛と食習慣の関係【明石市の慢性腰痛専門】

こんにちは☆

 

 

 

明石市大久保の整体スペースひまわり、院長の畑山です。

 

 

 

坐骨神経痛や腰痛・肩こりまたはその他の身体におこる痛みは姿勢の問題が大きく関与しています。

 

 

 

筋肉や骨格の歪み(ゆがみ)によって痛みがおこるというのはなんとなく皆さんもイメージがわくのではないかと思います。

 

 

 

それ以外にも身体の痛みやシビレにはさまざまなものが影響してくるのですが本日は食事との関係について少しお話させていただきます。

 

 

 

わるい食習慣は病気にかかるリスクが上がることには違いありませんが実は腰痛やそれ以外の痛みにも関係してきます。

 

 

 

たとえばお酒をはじめ砂糖をたっぷり使ったお菓子やジュースなどを摂ればそれらを肝臓が解毒してくれます。

 

 

 

もしも毎日のように摂り続けていると当然のことながら肝臓に負担がかかり続けます。

 

 

 

負担がかかり続ければ肝臓は固くなり本来あるべき位置から下がり腎臓にまで負担がかかってきます。

 

 

 

すると腰痛や坐骨神経痛あるいは右肩や右腕に痛みがおこることもあるのです。

 

 

 

お酒の摂りすぎが肝臓への負担となることはご存知の方は多いのですが砂糖や食品添加物の摂りすぎも負担になっているということを知らない方は多いですよね。

 

 

 

あなたはこんな経験はございませんか?

 

 

 

週末にお酒をたくさん飲んで爆睡したのにもかからず翌日・・・まったく疲れが取れないどころかダルくて一日中ゴロゴロして過ごした。

 

 

 

これは寝ている間も肝臓や腎臓が必死になって働き続けてくれたことによるものの可能性が高いです。

 

 

 

ダルくて動けないだけで済むならまだましです。

 

 

 

急になんの前ぶれもなくギックリ腰になったり肩や腕に痛みがおこったり頭痛がおきたり・・・

 

 

 

まさかと思うでしょうがお酒や甘いジュースあるいはお菓子を大量に摂り続けることにより身体の痛みとしてあらわれることも意外とあるのです。

 

 

 

なので最近になって腰痛や坐骨神経痛またはそれ以外の痛みや不調を感じていて心当たりのある方はぜひ食生活から見直してみることをオススメします。

 

 

 

大切なお身体をいたわってあげてくださいね。

 

 

 

では本日はこのへんで失礼します。

 

 

 

当院のホームページはこちらをクリック

http://himawari-akasi.com/

 

 

 

最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました。

 

 

 

整体スペースひまわり 完全予約制 JR大久保駅徒歩1分

 

 

 

ブログカテゴリー
月別アーカイブ