坐骨神経痛と血行不良【明石市の慢性腰痛専門】

こんにちは☆

 

 

 

明石市大久保の整体スペースひまわり、院長の畑山です。

 

 

 

本日は「坐骨神経痛と血行不良」について少しお話させていただきます。

 

 

 

殿部(お尻)から太ももを通って下腿・・・さらには足までの痛みや痺れで日常生活に支障をきたす坐骨神経痛。

 

 

 

これまでにも坐骨神経痛について健康ブログでもたびたびご紹介させていただきました。

 

 

 

姿勢の問題や内臓の状態はこの症状と大きく関連するのですが整体スペースひまわりにお越しいただく患者様の多くの方に共通していることは「とにかく血行がわるくなっている」ということです。

 

 

 

自覚してらっしゃる方だけでなくご自身の感覚では血行がわるいどころか手足は冬場でもポカポカして温かい」という方もいらっしゃいます。

 

 

 

「ポカポカして温かいのに血行がわるい?!」

 

 

 

いっけん矛盾しているようなこの表現・・・実はこのような方にも血行がわるい方がいらっしゃいます。

 

 

 

血のめぐりがわるい状態が続くと身体がその箇所を発熱させることによってご自分の感覚では手足がほてっているように感じているのです。

 

 

 

なのでそのような方の多くはまさか血行がわるいなんて想像もしておらず一年中お風呂にはつからないという方もいらっしゃいます。

 

 

 

これでは坐骨神経痛といわれる症状はいつまで経ってもよくなりません。

 

 

 

それどころか知らず知らずのうちに身体の状態は悪化し続けているということも考えられます。

 

 

 

とくに現時点で腰痛や坐骨神経痛のような症状でお悩みでないとしてもお風呂にもつからい日々を送っていれば・・・

 

 

 

ある日突然なんの前ぶれもなく言葉では表現出来ないような痛みがお尻から足にかけて出てくることにもなりかねません。

 

 

 

まるで少しおどしているかのような書き方をしてしまいましたがわざわざ貴重なお時間をさいてまでこの記事を読んでくださっているあなたのためにお伝えさせていただいおります。

 

 

 

だから毎日きちんと入浴をすることをオススメします。

 

 

 

ご高齢の方や心臓に何か問題がある方はお風呂のお湯の量をみぞおちあたりまでにしてつかる半身浴もオススメです。

 

 

 

温度設定は38~40℃くらいで20~30分つかると身体の芯まであたたまります。

 

 

 

そして入浴剤を入れることで身体への負担も減らせます。

 

 

 

今この記事に目を通されて身に覚えが・・・という方は今晩からさっそく習慣にしてみてください。

 

 

 

きっと体調にいい意味で変化がおこりますよ。

 

 

 

冷え対策もバッチリなのにお身体に不調がという方は一度お気軽にご相談くださいませ。

 

 

 

当院のホームページはこちらをクリック

http://himawari-akasi.com/

 

 

 

最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました。

 

 

 

整体スペースひまわり 完全予約制 JR大久保駅徒歩1分

 

 

 

ブログカテゴリー
月別アーカイブ