ヘルニアと思いきや異常なし【明石市の慢性腰痛専門】

こんにちは☆

 

 

 

明石市大久保の整体スペースひまわり、院長の畑山です。

 

 

 

本日のテーマも「腰椎椎間板ヘルニア」について。

 

 

 

腰椎椎間板ヘルニアといえばどのような症状をイメージしますか?

 

 

 

「お尻から太ももを通過して足の先までのなんとも表現しにくい痛みと痺れる感覚」

 

 

 

「身体を真っ直ぐにして立ってられない座ってられない」

 

 

 

これでは痛みや不快な痺れによって日常生活のさまざまな場面で支障をきたすことにもなりかねません。

 

 

 

「ある日なんの前触れもなく痛みが出てきた

 

 

 

→日に日に痛みが強くなってきた

 

 

 

→病院に行く前にその症状をネットで検索してみたらどうやら腰椎椎間板ヘルニアの症状にあてはまる」

 

 

 

・・・一昔も二昔も前ならともかく現在はご自分の症状をまずネットで調べてからという方が増えてきていますね。

 

 

 

そしていよいよ病院に行ってMRIなどの画像診断を行った結果「異常なし」といわれた。

 

 

 

「えっ、まさかの異常なし??だけどお尻から足の指にかけて激しい痛みもシビレもあるのになぜ??」

 

 

 

そしてまた別の病院に行って検査をしてみた・・・そこでも異常なしという結果に。

 

 

 

実はそのような検査結果だったという方はけっこういらっしゃいます。

 

 

 

以前にもお伝えしましたが病院では腰痛の85%は原因が不明で残りの15%だけに腰椎椎間板ヘルニア等の病名がつくのです。

 

 

 

では上記のような「お尻から足の指にかけての激しい痛みとシビレがおきていて異常なしといわれた方には原因はないの?」

 

 

 

いいえ症状があるかぎり必ず原因が存在します。

 

 

 

実際にそのような方も整体スペースひまわりにたくさんお越しいただいています。

 

 

 

そして「病院でMRI検査まで行って腰椎椎間板ヘルニア等の病名までわかった」

 

 

 

しかしブロック注射や飲み薬では全然よくならないので手術しかないのか・・・とお悩みの方ちょっと待ってください。

 

 

 

「病院で腰椎椎間板ヘルニア等の病名がつけられた方」

 

 

 

または

 

 

 

「異常なしといわれた方」

 

 

 

整体スペースひまわりにはそのどちらの方にもお越しいただいております。

 

 

 

「神経を圧迫しているから手術以外にない」

 

 

 

「骨が変形しているからどうしようもない」

 

 

 

あきらめるのはまだ早いですよ。

 

 

 

まずは一度相談だけでもかまいませんのでご連絡ください。

 

 

 

当院のホームページはこちらをクリック

http://himawari-akasi.com/

 

 

 

最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました。

 

 

 

整体スペースひまわり 完全予約制 JR大久保駅徒歩1分

 

 

 

ブログカテゴリー
月別アーカイブ