病も腰痛も「気」から【明石市の慢性腰痛専門】

こんにちは☆

 

 

 

明石市大久保の整体スペースひまわり、院長の畑山です。

 

 

本日は約6ヶ月振りに整体スペースひまわりにお越しいただいた患者さまのお話をさせていただきます。

 

 

この方は昨年の11月に病院の検査で坐骨神経痛との診断をうけた後になかなか症状がかわらずにご来院されました。

 

 

はじめの頃は右の殿部から下腿の外側(お尻から脛の外側)の激しい痛みとシビレで身体が「くの字」に曲がりかなりつらそうでした。

 

 

お身体の状態をお聞きするにも「椅子に座ってることが辛いです」ということで仰臥位(ぎょうがい→あおむけのこと)で寝てもらいおうかがいするほどでした。

 

 

その後は順調によくなり今年の2月までで約3ヶ月間の施術期間を終え卒業。

 

 

そして8月下旬のある日・・・ここ数ヵ月にわたって多忙な日々を送っていたことで「とつぜん腰痛が出てきた」とご連絡をいただいたのです。

 

 

お仕事のご都合上とこちらの予約の空き状況の関係で5日先のご予約となりました。

 

 

そしてご予約の日にお越しいただいたのですが私が想像していた姿とはかけ離れていました・・・というのもメチャクチャお元気そうでした!

 

 

詳しくお話を聞かせていただいたところ2日ほど前にご友人の方たち数名とバイクでツーリングにお出かけされたそうです。

 

 

本当は腰の痛みもあったために今回は断りかけたそうなのですが数週間前からそれだけを楽しみにお仕事もがんばっておられたそうでやっぱり何がなんでも行こうと決心し行ってこられたそうです。

 

 

そして山で新鮮な空気を吸って抜群の見晴らしを堪能していると・・・「あれっ?!痛みがない!!」

 

 

なんと腰痛が消えていたそうです。

 

 

出発前は悪化するのを覚悟のうえで家を出たそうですが山に着いてウロウロしながらご友人たちと楽しく笑っているうちに痛みがほぼゼロだったとのこと。

 

 

ご自分でもおどろかれたそうですがただ一つ言えることは「この数ヵ月間の息がつまりそうな毎日のつもりにつもったストレスが全てふっ飛んだのは分かった」とおっしゃいました。

 

 

要するにこれこそまさに「病も・・・そして腰痛も気から」ということですよね。

(※もちろん全ての腰痛がストレスからだと言ってるのではありませんよ。)

 

 

ストレスは自律神経の交感神経を刺激して血流をわるくし筋肉も硬くしてしまいます。

 

 

そして痛みだけではなく免疫力の低下もまねきます。

 

 

こちらの患者さまのエピソードからも分かるようにご自分の健康のためにも上手くストレスを発散することはとても大切です。

 

 

自然とふれあう

 

 

温泉に行く

 

 

お笑いを見て大爆笑する

 

 

適度に運動をする

 

 

深呼吸を習慣にする

 

 

方法はさがせば意外とたくさんあります。

 

 

ところでこの患者さま・・・

 

 

うちにお越しいただく前に痛みがほぼ消えたのに来てくださった理由をお聞きすると・・・

 

 

「痛くなくてもお身体のメンテナンスは大切」という以前に私がお伝えしていたことを今回身にしみて感じたから来ましたとおっしゃってくださいました。

 

 

そして次のご予約も入れて帰られました。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

今回の患者さまのようなケースはめずらしですがたまにそういったお話をお聞きします。

 

 

またこのようなエピソードがございましたらこちらの健康ブログでご紹介させていただきます。

 

 

当院のホームページはこちらをクリック

http://himawari-akasi.com/

 

 

最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました。

 

 

整体スペースひまわり 完全予約制 JR大久保駅徒歩1分

 

 

ブログカテゴリー
月別アーカイブ