スマホの使い方間違えると頭の重さが倍増・・・腰痛に

こんにちは☆

 

明石市大久保の整体スペースひまわり、院長の畑山です。

 

近頃はスマホ・タブレット・携帯ゲーム機などの手元で操作する機械であふれかえっている世の中になりました。

 

こういったものは便利な反面さまざまな身体の不調を引き起こすことにもなりかねません。

 

たとえば画面から発せられるブルーライトは網膜が変性しておこる加齢黄斑変性や睡眠障害などのリスクも上がることは有名です。

 

画面の明るさを暗くすることなどでも少しは目に対する負担も減らすことができます。

 

ただスマホやタブレットが身体に与える悪影響は目だけの問題ではありません。

 

多くの方がスマホを使用している時は胸やお腹の前に持ち頭を下にかたむけるようなカッコで使用していることだと思います。

 

このカッコでは頭は本来の位置から数㎝前に出ているような状態です。

 

実はこの数㎝があらゆる不調がおきる引き金になってもおかしくないのです。

 

人間の頭の重さは約4~5㎏・・・だいたいボーリングの玉を想像していただければいいのですがそこそこの重さです。

 

それが首の上に乗っかっているのですがキレイな姿勢で過ごしている状態から頭の位置がわずか数㎝ほど頭が前方にいくと身体にかかる負担が倍増します。

 

つまり頭の重さが5㎏の人なら約10㎏の負担がかかってくるというわけです。

 

頭の位置がわずか数㎝前方にいくだけで負担が倍増ということは数十㎝前方にいくとさらにその倍以上にもなってきます。

 

そしてこの負担は首・肩まわりだけにとどらず背中や腰を通過して下半身まで到達するのです。

 

「スマホは数年前から使っていたがここ最近スマホのゲームを使うようになって使用時間がうんと長くなった・・・それから腰痛が出てきた」

 

なんていう方はまさにそれに当てはまるかもしれません。

 

まずは・・・

 

スマホをかまえる位置は目の高さに合わせる。

 

首は曲げずに少しあごを引く。

 

使用時間の見直しや頭の位置を出来るだけ修正することで少しは負担は減らせます。

 

一度スマホを使っているさいのご自分の姿勢を確かめてみてください。

 

「いくら修正しても腰痛が・・・」という方は整体スペースひまわりまでご相談ください。

 

当院のホームページはこちらをクリック

http://himawari-akasi.com/

 

最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました。

 

整体スペースひまわり 完全予約制 JR大久保駅徒歩1分

 

ブログカテゴリー
月別アーカイブ