健康になるための努力でまさかの不健康に

こんにちは☆

 

整体スペースひまわり、院長の畑山です。

 

本日は「健康になるための努力でまさかの不健康に」というテーマでお送りします。

 

5月になり気温も上がってきましたが日中と朝晩の気温差で風邪をひいてしまったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

半袖で過ごせる時期がきても意外と血のめぐりが悪い方も多いのです。

 

血のめぐりが悪いと全身に栄養や酸素がしっかり行き渡らず身体の痛みとしてあらわれたりまたは免疫が低下したりもします。

 

そこで血行をよくするためにと自分にあった運動を日々の生活の中に取り入れる努力をされている方も大勢いらっしゃいます。

 

しかしその運動がかえって血のめぐりを悪くしてる場合もあります。

 

水泳や水中ウォーキングです・・・

 

誤解のないように言っておきますが決してそれらが悪いとは言ってませんし水泳や水中ウォーキングを行っている人みんな血のめぐりが悪くなっているなんて意味ではないですからね。

 

ただ注意しなければならないのは水泳や水泳ウォーキングを行う場所といえば温水プールですよね。

 

その温水プールの水温は高くてもせいぜい30℃手前。

 

体温よりも低い水温の中にしばらくいると血のめぐりが悪くなっても不思議ではないわけです。

 

なので水泳や水中ウォーキングを行ったあとはしっかり入浴や足湯をして身体をあたためることをオススメします。

 

「冷えは万病のもと」

 

健康のためにやっていることで逆に身体を悪くしてしまっては本当にもったいないですもんね。

 

まだまだ気温差がはげしい日もあるので外出時の服装や寝冷えにも気をつけましょう。

 

最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました。

 

ブログカテゴリー
月別アーカイブ