正しい歩き方を身につけて腰痛を改善

こんにちは☆

 

整体スペースひまわり、院長の畑山です。

 

本日は「正しい歩き方を身につけて腰痛を改善」というテーマでお送りします。

 

私たちが生活していく上でかかせない「歩く」という動作。

 

これについてあまり深く考える方はそれほどいらっしゃらないと思いますが歩き方って実はかなり重要だとご存知でしょうか。

 

歩き方1つ間違えると腰や膝に痛みがおきたりまたは肩こりがひどくなったり・・・

 

さらにいうと胃腸の調子までわるくなる場合だってあるのです。

 

もしあなたが今は全く身体に痛みがないとしてもわずか数分の間だけわざと変な歩き方をしたら身体のどこかしらに痛みがおきても不思議ではないのです。

 

そのくらい歩き方は身体のいたるところに影響します。

 

そこで今日は基本的な正しい歩行についてお話します。

 

細かいところまで話しだすとメチャクチャ長くなるので本当に基本的なポイントだけにします。

 

「まず胸をはって身体をまっすぐにする」

 

「ひざと足先はまっすぐ前方に向ける」

 

「歩隔(左右の足の内くるぶし同士の間隔は約5~10㎝くらいにする)」

 

「歩幅は約50~70㎝くらいにする」

 

これらは基本中の基本です。

 

上の4つのうち1つでも欠けていたら正しい歩き方とはいえません。

 

それに正しい歩き方はもちろん身体のために重要なのですがそれ以外にも見た目の若々しさも全くちがってきます。

 

同じ方でも別人に見えます。

 

ぜひ正しい歩き方を身につけて若々しさと健康な身体を目指しましょう。

 

最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました。

 

ブログカテゴリー
月別アーカイブ