紙に書き出せば睡眠の質が改善

こんにちは☆

 

整体スペースひまわり、院長の畑山です。

 

本日は「紙に書き出せば睡眠の質が改善」というテーマでお送りします。

 

「食事・運動・睡眠」

 

これらは私たちが健康な体を維持するために必須といえる3つです。

 

この3つのうちの一つでも欠けると身体にさまざまな不調がおきやすくなります。

 

食事と運動は本人の意志しだいである程度どうにでもなりますが睡眠の質の低下(寝付きや眠りの深さ)に一度おちいってしまうとなかなか抜け出すことはたいへんです。

 

ということで今日は少しでも睡眠の質を改善するお話をさせていただきます。

 

まずは眠る前にあれこれと考えごとをしないこと。

 

睡眠の悩みをかかえている人にとってこれは鉄則です。

 

そして悩みや不安がどうしても頭から離れない時は布団につく前に紙とペンを用意してください。

 

まずは目を閉じてゆったりとした気持ちで数回ほど呼吸をしてから紙にあなたが抱え込んでいる悩みや不安を書いてみましょう。

 

そしてどうすればその悩みが解決するかその場で思いついたらそれも書きます。

 

この作業が終わるとあとはゆっくりと深呼吸をくりかえしてから寝ます。

 

もしも夜中に目が覚めてまたあれこれ考えて目がさえてしまった時にも同じように紙に書き出してみてください。

 

たったこれだけのことですが何日間にわたって続けてみると不安やモヤモヤが軽減することを実感できます。

 

不眠は短期間ならともかく長引けば肉体も精神も壊れてしまうかもしれません。

 

そうならないためにも今日ご紹介させていただいたような簡単に毎日でも取り組めるようなことから始めてみてください。

 

最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました。

 

ブログカテゴリー
月別アーカイブ