睡眠時間を短くしたぶん損してますよ

こんにちは☆

 

整体スペースひまわり、院長の畑山です。

 

本日は「睡眠時間を短くしたぶん損してますよ」というテーマでお送りします。

 

あなたは毎日しっかりと睡眠時間を確保できていますでしょうか。

 

わずか数時間の睡眠時間でも全く問題ないといわれているショートスリーパーの方。

 

その逆で9~10時間は寝ないと次の日眠くて体力がもたないロングスリーパーの方。

 

たった数時間しか眠らなくても元気に過ごせるのならうらやましいかぎりですよね。

 

しかしショートスリーパーやロングスリーパーは遺伝子によってきまるといわれています。

 

要するに生まれつきの素質のようなものということです。

 

だから9時間眠らないと身体がもたないという方が無理やり睡眠時間をけずっても当然いいことなんて1つもないのです。

 

睡眠時間をけずると疲労感や認知能力の低下または感情が不安定におちいってしまいます。

 

睡眠時間をけずってまで仕事に打ち込むことは結果として仕事の生産性を下げていることになりかねません。

 

免疫力の低下をまねき癌(がん)や脳卒中、心筋梗塞のリスクも上がります。

 

睡眠時間をけずってまで勉強することも実にマイナス面が多いです。

 

「記憶力」「思考速度」「注意力」はおとろえます。

 

本来ならば睡眠は認識力を回復させて勉強したことを脳にやきつける大切な時間でもあります。

 

睡眠不足は感情面にも悪影響をおよぼします。

 

イライラしたり物事をネガティブにとらえたり判断力をくるわせる・・・

 

朝から深夜まで多くの仕事をこなしても判断力がにぶったりパフォーマンスが下がれば効率がわるくなるだけです。

 

仕事でのちょっとしたミスくらいですめばいいのですが車の運転中での判断をあやまればたいへんな事故にもつながります。

 

ここまで読んでもお分かりいただけると思いますが結局は睡眠をけずったぶんだけ損をしているというわけです。

 

ではいったいどのくらいの睡眠をとればいいのか・・・

 

これは賛否あり専門家によっても国によってもバラバラではありますが7~9時間が理想ではないでしょうか。

 

現代の日本で全ての人がこれを実行するのは不可能かもしれません。

 

とくに9時間となると多くの方が夜10時には就寝しなければ足りたいでしょう。

 

しかし7時間なら可能な方は多いはずです。

 

まずは健康のためにもせめて7時間の睡眠時間を確保してみませんか。

 

あなたやあなたの大切な人のためにも。

 

最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました。

 

ブログカテゴリー
月別アーカイブ