仙腸関節はもっとも重要な関節

こんにちは☆

 

整体スペースひまわり、院長の畑山です。

 

本日は「仙腸関節はもっとも重要な関節」というテーマでお送りします。

 

2月の初旬に初めて当院にお越しになられた腰痛の患者さまが「ここしばらく歩いている時に小さな段差などに右足がひっかかる」とおっしゃいました。

 

とくに足に痛みがあるわけでもなくご本人としては普通に歩いているつもりなのにそういうことがおこるということです。

 

そこで検査をおこない確認していくと骨盤の中心部にある仙腸関節(せんちょうかんせつ)に原因のがあることがわかり調整をしてしばらく様子をみることに。

 

すると一ヶ月たった今も「全く足がひっかからなりました」とのことです。

 

この記事を読まれて「なんで足から離れた場所なのにそんな所に原因があるの?!」

 

と疑問をいたがれた方もいらっしゃると思います。

 

何度か健康ブログでもお伝えしていますがこの仙腸関節という関節は全身のなかでも最も重要な関節にあたります。

 

腰痛にかぎらずその他の関節の痛みや頭痛めまいなど多くの症状を引きおこす原因となります。

 

もちろんこの仙腸関節を調整しただけでは一時的に症状がおさまることはあっても完璧に身体を正常にもどすことは出来ません。

 

しかしいずれにせよこの仙腸関節を調整することで効率的に施術をすすめていくことが可能になります。

 

仙腸関節の調整のみで全身の関節の可動域が正常に近づいたりビンのふたが開けれなかった女性がその場で開けれるようになっりとおどろくような変化がおきることもあります。

 

私は患者さまに施術をおこなうさいに必ず仙腸関節の状態を確認し調整を施します。

 

そうすることで施術効果を発揮し施術計画どおりにゴールに向かっていくことが出来るのです。

 

色々なところに通ってみたけど改善がみられず当院にお越しになられた方にお話をおうかがいすると「そんな関節を他で施術されたことない」とおっしゃる方がほとんどです。

 

なのであなたが今現在どこかに通っているけど納得のいく結果が得られていないということでしたらお気軽に一度ご連絡ください。

 

最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました。

 

ブログカテゴリー
月別アーカイブ