それって意味がありません

snow-man-1882635_1920

こんにちは☆

 

整体スペースひまわり、院長の畑山です。

 

本日は「それって意味がありません」というテーマでお送りします。

 

「普段ふつうに過ごしているぶんには全く痛みもなく快適に過ごせているのに朝起きた時だけ腰が痛いんです。」

 

当院に初めてお越しになられる患者さまにはこのようにおっしゃる方がいらっしゃいます。

 

初回の検査で一通り関節の動きや痛みを確認してもたしかにコレといって痛みの出る動作もなくご本人も「腰を曲げようが伸ばそうがヒネろうが全然平気なんです」とのこと。

 

要するにこの日に施術を行っても痛みに変化が出ているのかこの場では確認のしようがないのです、それも毎回の施術において・・・。

 

↑これって施術者側の私としては施術を行う上で困るのでしょうか??

 

いいえ実は全く困りません。

 

というのも結局のところ身体が根本から改善しなくては意味がありません。

 

なのでこの場で痛みに変化が出てもあるいは出なくてもそこはそれほど重視していませんというのが私の本音です。

 

当院にお越しになられる患者さまにはその事をしっかりお伝えしております。

 

基本的に私は腰痛でお越しになられた患者さま(他の症状の患者さまも)に対してある一定の回数や期間をすぎるまでは痛みの変化についてはお伺いいたしません。

 

たとえ一回の施術で痛みが完全に消えたとしても「これでもう完璧に改善したという事」かというとそんな事まず絶対にありえないですからね。

 

これは腰痛や膝の痛み等の筋骨格系における症状にかぎるお話ではありません。

 

あらゆる身体の不調は根本的に改善しなければ意味がないのです。

 

だから「痛みさえ今消えたらそれでいい」という方には当院はあっていません。

 

しかしあなたが「しっかり根本から改善したい」と真剣にお考えでしたら当院がピッタリです。

 

この記事に目を通されて「これまでの整体院、整骨院と違って期待できそうだな」と感じるものがあればいつでもご連絡くださいませ。

 

最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました。

 

ブログカテゴリー
月別アーカイブ