腰痛の改善に入浴は必須

baby-1150954_1280

こんにちは☆

 

整体スペースひまわり、院長の畑山です。

 

さっそくですが、この記事を読んでおられるあなたは毎日入浴をされていますか?

 

腰痛をはじめ、あるゆる痛みや身体の不調は冷えることにより起こるといっても過言ではありません。

 

「朝晩はずいぶん冷え込むようになってきてようやく、たまにお風呂につかるようになったかな~」というあなたは要注意ですよ。

 

そこで本日は「腰痛の改善に入浴は必須」というテーマでお送りします。

 

シャワーだけですませたい理由は皆さんそれぞれあると思います。

 

「水道代がもったいないし」

 

「時間がもったいないし」

 

「単純にめんどくさいし」

 

しかし「お風呂につからないという事で腰痛に悩まされる」となると・・・それでもあなたはシャワーですませますか。

 

入浴をすることで血流が改善し、体にたまった老廃物や疲労物質を体外に排出することができます。

 

すると疲労がとれるだけでなく、腰痛や肩こりなどの痛みを和らげる効果もあるのです。

 

お湯に体をつける事で水圧がかかります。ただ温めるだけでなく水圧がかかることで脚のほうに下がったままの血液が心臓のほうへ押し戻されるのです。

 

どれだけ熱いシャワーを浴び続けようが入浴のような水圧をかけることはできませんよね。なのでシャワーではこのような効果は期待できません。

 

さらに入浴をするうえでのメリットといえば、先日もお伝えしました身体の免疫力を上げるという効果もあります。

 

健康的な人の体温は「36.5~37度」くらいと言われています。

 

普段から体温が低いという方の場合、生活習慣全体から見直す必要がありますが「毎日シャワーですます」というのでしたら今日から入浴することをオススメします。

 

理想の温度と入浴時間は・・・これもまた人それぞれ合う、合わないがあるのでここではあんまり言いませんが・・・

一般的にはこれからの季節だと「38度~41度」で15分くらいが理想だといわれています。

 

ちなみに私の場合は40度くらいで入るとぬるく感じて寝付きもわるくなるので、少し熱いめの42度くらいの設定で8分くらいをめどにサッとあがります。

 

言っておきますが・・・あくまでも私の場合ですからね!

 

なのであなたがリラックスできる温度設定と時間を調節してみてくださいね。

 

では本日はこのへんで。

 

最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました。

 

ブログカテゴリー
月別アーカイブ