あなたがタバコをやめないかぎり腰痛から開放されません

 

cigar-362183_1920

こんにちは☆

 

整体スペースひまわり、院長の畑山です。

 

本日のテーマは「あなたがタバコをやめないかぎり腰痛から開放されません」をお送りします。

 

突然ですが・・・

 

①あなたは腰痛でお悩みでしょうか?

 

②タバコをお吸いになられますでしょうか?

 

上記の質問2つにどちらもあてはまるのなら、まずは②のタバコをやめる努力を今日から始めることをオススメします。

 

タバコ・・・「百害あって一利なし」まさにその通りです。

 

がん、脳卒中、心筋梗塞などのリスクが高まることは知っている方がほとんどでしょう。

 

しかし、タバコと腰痛の関連性についてはご存知でしょうか?

 

ある調査によると「1日のタバコの本数が21本以上の喫煙者が腰痛を訴える程度は吸わない人の1.36倍と高く・・・

20本以下でも1.29倍だった」という調査結果が出ています。

 

これまで私が対応させていただいた患者さまで喫煙者の方には「タバコを吸っているかぎりはなかなか腰痛からは開放されませんよ」とお伝えしてきました。

 

腰痛で当院にお越しになられる患者さまで喫煙者の方には必ずタバコをやめる努力をしていただいております。

 

タールやニコチン、それに一酸化炭素はタバコの煙の中に含まれる有害物質の中でも特に有毒な三大物質といわれてますが、その他にも400種類以上の化学物質が含まれています。

 

タバコを吸うと・・・ニコチンなどの有害物質がわずか数秒で全身に行きわたります←この一文だけ読んでも恐ろしく思いませんか?

 

タバコの値上げにともなって、喫煙率はじょじょに下がってきています。

 

とはいってもまだまだ喫煙者の方が多くおられるように感じます。

 

それに喫煙は、あなただけではなく周囲の方の健康にも悪影響をあたえます。

 

なのであなたが「いつまでも健康な身体でいたい、腰痛の苦しみから一日も速く抜け出したい・・・」

また「大切な家族や友人に迷惑をかけたくない」と強く願うなら禁煙することを強くオススメします。

 

もしあなたが「タバコをやめたし規則正しい生活も取り戻した、だけど腰が痛い・・・」

 

というのであれば私にご連絡ください。質問や簡単な相談だけでもかまいませんよ。

 

最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました。

 

ブログカテゴリー
月別アーカイブ