スマホで腰痛?!

pokemon-1548194_1280

こんにちは☆

 

整体スペースひまわり、院長の畑山です。

 

最近では、街のいたるところでスマホを使いこなしている光景を目の当たりにします。

 

テレビや雑誌では「スマホ依存症」や「スマホ症候群」などという聞きなれなかった文字をよく見聞きするようにもなりましたね。

 

これらは老若男女問わず、大きな問題の一つとしてメディアでもよく紹介されています。

 

そして本日のテーマは・・・「スマホが原因で腰痛?!」です。

 

「えっ、スマホで腰痛?!」

 

思わず「なんのこっちゃ??!」と聞き返したくなるこのテーマ。

 

スマホの操作で、首や肩がこるのはわかるけど腰が痛くなる理由がわからない・・・という方のために、わかりやすくご説明させていただきます。

 

本来、人の背骨は一般的にいわれる良い姿勢をたもっている時、横から見るとアルファベットの「S」の文字をえがくようにカーブしています。

 

この「S」の文字をえがくような姿勢でいる時は身体への負担がとても少ないのです。

 

ところがスマホを操作する際、たいていの方は胸やお腹の正面あたりにスマホを握りしめて操作してますよね?

 

それも背中を丸めた姿勢で操作する方がほとんどではないでしょうか。

 

そんな悪い姿勢の時、アルファベットの「S」の文字は完全に崩れてしまっている状態です。

 

すると、背骨は首から腰の下あたりまでつながってますので、もちろん腰にも大きな負担がかかってくるという事になります。

 

それだけじゃありません。毎日毎日、背中を丸めて長時間すごしていると胃腸を圧迫してしまい「胃の調子までわるく」なんて事にも・・・

 

そうならないためにも長い時間、連続してのスマホの操作は控えめにしつつ、体勢をかえたり伸びをするなどして同じ姿勢のまま過ごさないように心がける。

 

どんな体勢でも、とにかく同じ体勢を長時間つづけない事が大切です。

 

腰痛でお悩みの方も、それを習慣づけるだけでも腰への負担を減らせますよ。

 

「それでも腰痛が改善しない」という方は軽ぅ~い気持ちで私にご相談ください☆

 

けっして、相談のお電話をいただいたからと言って「絶対に来院しないといけない」なんて無茶なこと言いませんからね!笑

 

では本日はこのへんで。

 

最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました。

 

ブログカテゴリー
月別アーカイブ