食生活で腰痛に?

fried-1565908_1920

こんにちは☆

 

整体スペースひまわり、院長の畑山です。

 

キンキンに冷えたアイスコーヒー、スポーツドリンク、それに冷たぁ~いグラスに注がれたビール、最高ですよね!

 

異常な暑さを記録したこの夏、毎日冷たい飲み物をたくさん摂ったという方も多いのではないでしょうか。

 

私もキンキンに冷えたビール・・・やめられません。

 

7月に友人と飲みに行った際の会話の中で「最近、朝起きた時に胃がもたれとうし、なんか腰が痛いねん・・・」と、私に訴えてくる友人。

 

昨年、待望の第一子が産まれたのをきっかけに長年吸っていたタバコをやめたそうです。

 

それからというもの、毎晩の夕飯が美味しくて美味しくて体重がUP、そしてビールにハイボールと暴飲暴食の日々。

 

この記事を読まれている方、なんとなくお気付きですか?

 

そう、彼の腰痛は食生活の影響では??!

 

という事で「食事とお酒の量を減らしてみては」・・・と、私から提案してみました。

 

そして先日、友人からLINEで「あれから晩飯と酒の量を減らしたら朝起きた時の胃もたれも腰痛もきえた!!」との報告が。

 

これは意外な事でもなんでもなく「胃腸やその他の臓器と腰痛はとても関連性がある」ということです。

 

食事の量だけではなく、噛む回数の少なさなども胃腸への負担を大きくします。

 

それにあまりにもキンキンに冷えた飲み物も摂りすぎには注意ですよ。

 

ビールの本場ドイツではビールは本来、常温で飲むもの・・・

という事で、さっそく私も買ってきたビールを冷やさずにそのまま飲んでみました。

 

・・・まずかったです!

 

ビールはキンキンにかぎりますね。

 

最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました。

 

ブログカテゴリー
月別アーカイブ